2005.12.28

OSAKA SWING GIRLS-10:ありがとう、こころから。

20051228W.jpg
さいごに、すこしだけ。

この1年間、OSGはほんとにぼくの音楽生活の中心でした。
みんなと一緒にいた時間は何より楽しくて、幸せでした。

曲がりなりにもコーチという肩書きをもらって指導していたのに、
教えてもらっていたのは、ほんとうはぼくのほうばかりでした。

感覚的には「教えている」というより「一緒に練習してる」という感じで、
指導する側としては失格といわれてもおかしくないですけど、
そういうふうにみんなと練習できたからこうして
みんなと仲良くなれたのかなー…、とおもいます。


20051228X.jpg

いま、OSGはほんとうにステキなバンドになりました。

真剣に、このままずっと続けばいいのに、と思います。
きっと、メンバー全員がそう思っていることでしょう。

でも、OSGがここまでステキなバンドになれたのは
ひとつの終わりに向かって、みんなが全力で駆け抜けたからだと思います。

いつか終わることがわかっているバンドだから、見えることもある
いつか終わることがわかっているバンドだから、気づけることもある。

このすばらしい仲間たちと、最高に楽しんで音楽ができる幸せ、
その幸せをかみしめて出した音が、お客さんを感動させる。
音楽をやっている上でこれ以上幸せなことがあるでしょうか。

それに気づくことができたのは、
やっぱりOSGが終わりのあるバンドだからじゃないかな。


OSGはおわったわけじゃなくて、カタチが変わっただけだと思います。


OSGで得たすばらしい仲間との出会いを大切に、
どうかこれからも音楽、ビッグバンド、楽器、
全部でも、どれかひとつでも好きであり続けてください。

きっとそれが、これからもOSGが続くこと、だと思います。

ありがとう。
この記事へのトラックバックURL
http://trpshionoya.blog10.fc2.com/tb.php/243-8e9283e6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 

THANK YOU FOR YOUR VISIT!!

ブログパーツ