2005.12.28

OSAKA SWING GIRLS-05:置き去り

夏は、OSGほったらかして東京に行ってきました。

ブログを読んで下さってる方や友人のみなさまはご存知でしょうが、
ほぼ1ヶ月ライトでヤマノに打ち込んでました。

ライトに行くかどうか悩んでいた事は、
天理のみんなにどう思われるかとか、どう説明すればいいのかとか。
もうひとつ、OSGをほったらかしにして東京に行くことがどうしても
自分の中で割り切れなかったことです。

曲がりなりにもコーチとしてOSGにかかわっているのに、そんな事が許されるのか?

毎日毎日そのことで悩んでいました。
思わず5キロほどつるっとやせてしまうくらい。(まじです)

ぼくはいままで自分のためにしかラッパを吹いてこなかった。
アルスだってほかのどのバンドだって、
自分のために、自分が楽しいからやっていたことだった。

それが、いまは初めてひとのために音楽にかかわっている。

OSGはすごく楽しいけど、それだけではすまない、責任とか、
自分が楽しいとかそういうこととは全く別の要素が絡んでくることだ。

極端な話、OSG以外のものは自分の責任でどうにかなる。
天理の人からは怒られれば済む話だし、
リハとか本番とかも自身の責任で何とかなることだ。

でもOSGだけは違う。

自分勝手にはできない場所でみんなをほったらかしていくことに
すごく無責任さを感じたし、今でも100%割り切れてるわけじゃない。

でも、みんなはぼくの背中を押してくれた。

超えようと思えばすぐに超えられる線を、
自分ひとりでは超えられるのに超えようとしないダメなぼくの背中を
やさしく後押ししてくれた。

みんなのおかげでぼくは後悔のない選択肢を選ぶことができたし、
安心してあとを任せられる人がいてくれたから東京で頑張れた。

20051228F.jpg

ほんとにありがとう。

東京に行く前自分自身に出した条件として、
「自分がいなくてもOSGが成り立つくらい準備を整えてから行く」
というものを出して、曲のアレンジや練習メニューなどもろもろを
可能な限りパーフェクトにしていく事をみんなに約束した。

これが実にきつかった…(笑)
でも、ひと月ほったらかしにするわけだからこれくらい当然である。

つづく
この記事へのトラックバックURL
http://trpshionoya.blog10.fc2.com/tb.php/238-f9b8cde8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 

THANK YOU FOR YOUR VISIT!!

ブログパーツ